外国人の募集・採用支援

下記をクリックで、当社の外国人人材リストが表示されます。

■高度技術人材の紹介

入館に対し、技術・人文知識・国際業務等で求められている条件に適合しているか審査後、在留資格認定を受ける必要があり、在留資格認定書をCOEと呼びます。
そのCOEをもって本人が日本国在外公館にVISA申請をします。
COEとVISAの両方が必要です。
大学や職業専門学校で技術や専門知識を勉強した人材を、入館の審査によって認定を受け日本で一般就労者となります。
受け入れ企業が在留資格更新申請を続ければ、期限なく在留して就労が可能なのが、高度技術人材です。10年で永住権取得、ポイント制によって最短1年で永住権取得も可能になりました。

アサヒマネジメントでは、高度技術人材への優良職業紹介を提携会社と一緒にサポートします。
ベトナム・タイ・モンゴル・ラオス・バングラディッシュにパイプがあります。


雇いたい企業の方には、高度技術人材の紹介を。
働きたい高度技術人材には企業を紹介しています。

もちろん、高度技術人材ではない、就労ビザをもった外国人に職業を紹介することも行っています。シェアハウスなど外国人の居住や税金、労務管理も合わせてお任せいただけます。